初めてでもわかる!履歴書の書き方

採用担当者に「本気で志望している」と思わせる履歴書を書く

基本的に応募先の企業との採用面接に進むためには、まず履歴書やエントリーシートといった書類選考を通過する必要があります。
当然ながら大量の応募者がいる中で採用担当者に「他の志望者とは違う/他の志望者より優れている」といった印象を抱かせなければ次の選考へは進めません。
ではどうやって採用担当者にそう思わせればいいでしょうか。「部活やサークルでリーダーを務めていた」「表彰を受けるような実績を残した」といった輝かしい経歴が無ければそう思わせることは出来ないのでしょうか。
そういったアピールポイントが無くても志望動機次第で採用担当者の目に留まるようにすることは可能です。自分がどれだけ強くその会社で働きたいという思いを持っているかが伝わるような志望動機を記載しましょう。

志望動機は2段構えで業界と会社それぞれに対して記載する

志望動機が業界に対しての志望動機のみとなっていて「その動機であればうち以外の会社でもいいですよね?」といった旨のコメントをされてしまったり、そもそも書類選考の段階で不採用になってしまうということがよくあります。
志望動機を記載する際は「業界に対しての志望動機」→「会社に対しての志望動機(その業界の中で何故その会社を志望したのか)」という2段構えで記載しましょう。
会社に対しての志望動機を記載する際には、同じ業界内の他社と比較した際のその会社の特色(特殊な商品を扱っている、独特な制度が存在する、業界内でも更に特定の分野に対して強みを持っている等)について挙げ、それらのどのような部分に魅力を感じどのような形で関わっていきたいかを伝えましょう。採用担当者に「この業界やうちの会社についてよく調べている。本気でうちの会社で働きたいと思っているんだな」という印象を持たせることが重要です。